« オニシバリ 160210 | トップページ | サルトリイバラ 160212 »

2016/02/11

ユキワリイチゲ160211

目黒にある自然教育園で見た、ユキワリイチゲと、カリガネソウと、ホトトギスと、コバギボウシと、タイアザミと、ヒメガマです。

雪割一華(ユキワリイチゲ)

C160124n_0033pt

雁草(雁金草、カリガネソウ、別名:帆掛草(ホカケソウ))

10月上旬に紫色の花が咲いていたが、こんな実ができるのですね。

C160124o_0032p

C160124n_0014p

杜鵑草(ホトトギス、別名:油点草(ユテンソウ))

C160124n_0006pk

小葉擬宝珠(コバギボウシ)

C160124n_0009p

泰薊(タイアザミ、別名:トネアザミ)

C160124o_0022p

姫蒲(ヒメガマ)

C160124n_0052p

« オニシバリ 160210 | トップページ | サルトリイバラ 160212 »

コメント

こんにちは。ユキワリイチゲがもう咲いたんですね。当方では近くの大学で3月に見られるので、楽しみにしているところです。カリガネソウの果実は面白い形ですよね。

多摩NTの住人さん
ユキワリイチゲは日射量が足らなくて、開いていなかったのが残念でした。
カリガネソウの種を見て、大きさは違うけれどシロヤマブキの種を連想しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174258/63186878

この記事へのトラックバック一覧です: ユキワリイチゲ160211:

« オニシバリ 160210 | トップページ | サルトリイバラ 160212 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

写真説明他

  • 写真の上でマウスの左クリックすると、大きな写真(1200×800他)が見られます。
  • 写真の上にマウスのカーソルを置くと、ファイル名が表示されますが、最後のTはトリミングした写真で、Kは回転して水平補正しトリミングした写真で、Hは垂直歪みを補正しトリミングした写真です。
  • 写真の無断使用厳禁でお願いします。使用する場合は、用途・連絡先等を書いたコメントで連絡下さい。
  • 素人判断で文章を書いているため、間違いもあるかと思います。 お気づきのことがあれば、コメント頂けると嬉しいです。

最近使っているカメラ

  • OLYMPUS TG-4
  • Nikon D600
  • AF-S Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED VR
  • AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
  • AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
無料ブログはココログ